Yosemite Clinicヨセミテクリニックについて



中国在住の日本人の皆様へ

手術が必要な病気でも、重いものから、軽いものまであります。がんの治療となれば、日本に帰国して行うのがやはり安心でしょう。しかし、虫垂炎や胆のう炎のような急性感染症や、子宮や卵管からの出血など、飛行機で帰国できない状態の場合もあります。重症ではない場合でも帰国中に忙しくて治療できなかった体表のイボやコブなどもそのままにしておいて大丈夫なのでしょうか。

古北の日系クリニックで外来診療していた際に、帰国するよりも上海で治療すべきな状態の患者様と出会った場合でも、自信を持って患者様に勧められる病院がなく、歯がゆい思いをしたことが何度もありました。当院は、国際的な病院評価機構であるJCIに準拠した低侵襲手術センターです。米国でトレーニングを積んだ上海のトップ外科医の手術を、日本の機関病院と同等以上の麻酔、周術期管理で行います。当院は、最良の医療を追求する医療者によって設立された為、営利や投資を目的とした医療グループと異なり、診療費は既存の外国人を対象とした病院よりも抑えてあります。日本には帰れない、でもローカル病院での手術には不安がある。そのような方に最適です。中国で手術といわれたら一度気軽にご相談下さい。「手術はヨセミテYOSEMITE」で。


友成雅敏医師 手術センター長




 

 



Yosemite Clinicヨセミテクリニックは自然美を

モチーフにデザインされ、最新の設備を整えています。


院内設備